シャンプー選びは頭皮にとってとても大事なことです

正しいシャンプー選びその1

市販されているシャンプーやプロが使うシャンプー剤のほとんどには合成界面活性剤が入っている。

 

汚れを落とすためには合成界面活性剤を入れれば事足りることで、安価にシャンプーがつくれるからだ。

 

よく言われるように合成界面活性剤は石油から作られることが多く、台所で使っている合成洗剤に使われているものと同じである。

 

 

頭皮の皮脂は角質を守っていて、とても大切なもの。

 

 

合成界面活性剤により、脂をとる強い作用により皮脂を取りすぎると角質が乾燥してしまい、肌をいろいろな最近からまもるバリアゾーンの働きがなくなる。

 

 

そのためにフケが多くでたり、肌がただれてしまったり、かゆみがでたりするらしい。

 

 

さらに怖いことに、この合成界面活性剤は皮膚の内部に簡単に入り込み、髪を作っている毛乳頭の細胞を溶かしてしまう。

 

 

これが脱毛の原因にもなっていると言われている。

 

 

本当に怖い。

 

 

たかがシャンプーとは思うととんでもないことになってしまう。

 

 

合成界面活性剤というのはこんなにも恐ろしいにもかかわらず、
簡単に手に入ってしまうのが怖いところだ。

 

 

身近にありふれている分、安全だと思いがちだが、
もしかしたらタバコやら酒などに比べてもっと合成界面活性剤は悪いものかもしれない。

 

 

注意を払って商品を選んでいかなくてはいけない時代だと思う。