リンスもシャンプーと同じように慎重に選びましょう

間違ったリンス選び

シャンプー選びを慎重にしないといけないが、、
リンス選びも慎重にする必要がある。

 

あなたはシャンプーで洗髪をしたあと、リンスやトリートメントを使う人だろうか?

 

 

市販で安価で売られているリンスも合成界面活性剤が含まれているのを知っているかどうか?

 

 

実はリンスに含まれている合成界面活性剤は合成シャンプーに含まれている界面活性剤よりも作用が強く、とても有害らしい。

 

 

リンスを使うことによって、必要な皮脂がより取り除かれ、その結果頭皮は完全に無防備な状態になってしまう。

 

 

頭皮が無防備な状態だとほこりなども頭皮から入りやすく、代謝の妨げにもなりうる。

 

 

その結果脱毛症が進むというケースもよくあること。

 

 

また頭皮が無防備な状態だと、リンスに含まれる危険な化学物質がそこから身体に吸収され、体の中に溜まっていきやすい。

 

 

長期的にみても有害物質が体に含まれてしまうというのはいいことではない。

 

 

またリンスに含まれる、化学物質には毒性があると言われている。

 

 

誤って口から飲んでしまうと、たった数グラムで致死量にいたる成分も含まれている。

 

 

正直言ってとても危険なものではあるが、
髪を健やかにまとめるためにはリンスを使わなければいけない人もいると思う。

 

 

だからこそ、リンスもできる限り天然成分のものを選び、髪、そして体に優しいリンスを選んでいく必要があると言えよう。