頭皮のかゆみを抑えるためにやるべきこと

頭皮のかゆみについて

はげの兆候の一つとして頭皮のかゆみというのがある。

 

 

私も中学生くらいのころから頭皮のかゆみというのを実感していた。

 

 

頭皮のかゆみの原因はさまざまあるらしい。

 

一般的には表皮の感想が主な原因とされているらしいが、
その他にも、

 

  • 年齢からくるもの
  • 食生活からくるもの
  • 嗜好品の関係からくるもの
  • 生活環境からくるもの
  • 暑さや寒さからくるもの
  • 化学物質に過剰に反応した結果からくるもの
  • 環境ホルモンの影響からくるもの
  • 細菌感染からくるもの
  • 不潔にしている状態からくるもの

 

などなど。

 

かゆみというのは非常にやっかいで、これが頭皮をいためる原因となってるケースが多々あるらしい。

 

 

かゆい時は、われわれは爪でかく。

 

爪でかくとかゆみが治まるが、それはより強い刺激が与えられること脳はかゆみを忘れるかららしい。

 

 

ただ、かゆみを忘れているだけで、実際はむずむずした状態がよりつづく。

 

その結果血がでるまで書いてしまうこともよくありがちだ。

 

 

頭に汗をかいてそのまま洗髪しない状態だと、頭皮がかゆくなる。

 

 

汗の成分のナトリウムが肌を刺激してかゆみが発生する。

 

いつも頭皮を清潔にしていれば、かゆみはまず起こらないらしいが、洗髪してすぐにかゆみが出るのであれば、それは洗髪に問題があるらしい。

 

 

洗髪するときにきちんとすすぎができていなかったか、
もしくは洗髪時のシャンプー剤が自分の皮膚にあっていない状態だったのか。

 

髪の毛が抜けてしまう理由もこのシャンプーが自分の頭皮にあっていないものを使っているということもよくありがち。

 

頭皮は人によってタイプが違う。

 

 

香りがいいからとか、宣伝しているからとか、価格が安いなどでシャンプー剤をえらんではいけない。

 

自分の頭皮の質を見極めた上で、自分に適したシャンプー剤を選ぶことは頭皮にとって非常に大切なことであり、それがかゆみを出さず、ひいては脱毛を防ぐことにもなる。

 

 

このシャンプー選びを間違えてしまってはすべてが泡になってしまうので十分に調べた上でシャンプーを使うようにしていこう。